今回の福岡出張というかたちで帰省した事はとても良かったと思う。


思えば上京して以来30年間の中でこんなに親兄妹と一緒に過ごした事がなかった。

お盆や正月などに帰ってもせいぜい2~3日だったからね。


母は毎朝早起きして僕の弁当を作ってくれた。


ぶつぶつ言いながらも使命感に燃えてそれを楽しみにしているようにも見えた。

だから毎朝弁当を作ってもらう事が親孝行のように思えたのだ。

まぁ、勝手な解釈だけど(笑)


しかし、親というのは有難いものだとつくづく感じた。


それに自分が生まれ17歳まで育った故郷も新幹線の駅が出来る計画が持ち上がった事ですごく変わってしまった。


田や畑は大きな道路になったり建物が建ち並んだり、特に大型スーパーやドラッグストアが増えた。


そして新幹線の駅は完成した。


住んでいる人々にはきっと便利になったろうが、すっかり様変わりというわけだ。


自分から飛び出しておいて勝手なものだが、ちょっと寂しさを感じていた。



実は、今回の帰省では一人でのんびりとこっそり子供の頃に遊んだ場所を巡ってみたのだ。


新しく整った大きな道路から一歩路地に入ってみた。


するとそこにあったのは当時のままの場所だった。


蝉を捕った林やザリガニを捕った池も、よじ登った石垣までもがそのままの姿で残ってるんだ。


そしてその池に名前があった事を今頃知った。


『変わらない』というより『変わりようが無い』という事だろう。


嬉しかったね。



通勤の電車の中でこのブログを書いていたら老夫婦が乗って来た。
自分の中ではまだまだ若い、若く元気でいて欲しいと思っている両親も他人からみたらきっとこういう老人なんだな。


席を譲った。



スポンサーサイト
<<ひとりはみんなのために | ホーム | ただいま 茅ヶ崎>>

コメント
--- ---

自分の中で大切な…時が過ぎても変わってほしくないものってありますよね。

親にも、いつまでも若々しく元気でいてもらいたいけれど…自分が年を重ねている分、老いているんですよね。

いつまでもあると思うな、親と金…とはよく言ったものだとしみじみ思ったりします。(>_<)
bebe2号 * URL [編集] 【 2013/05/04 14:10 】
--- ---

2号さん

まったくですね(≧∇≦)親にも「おっさんになったなぁ」って言われるくらいですからね(苦笑)
キャラメル王子 * URL [編集] 【 2013/05/04 20:54 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/794-94ea3731


| ホーム |