FC2ブログ
“物作り”が好きである。

自作のギターやアンプを使ってライブ活動をしていると(自作自演です!というネタでもある~笑)、ギター好きの方や、ミュージシャンの方が興味を示して下さる。

070222_1550~0002.jpg


「見せてくれ」「触らせてくれ」「写真撮らせてくれ」等、大変結構な事だ。(演っている本人より人気者でしてね・・・)

するとやはり、「僕にも作ってくださいな~」と言われることがある。しかし、その大半が、“作るのだから安上がりだろう”みたいな、かなり安易な発想からで、材料費も出ない位の金額を提示されたり、せいぜい「もちろん材料費は出すよ」程度だ。

僕自身、仕事の合間に暇を見つけて作業をやるわけで、簡単には受けるわけにはいかない。程度にもよるが、ほとんど手作業でやるわけで、大量生産品と同じ感覚でとらえられると困る。

 ところが先日、「是非、僕に作って下さい! 材料費はもちろん、デザインと手間に対する報酬もお支払いしますから!」とおっしゃる方が現れた。またデザインに関しては「あなたのセンスにお任せしたいのです!」と言うことだ。
gold.jpg


嬉しいじゃありませんか~。

その方はスタジオミュージシャンで、「高価なギターなら沢山見てきましたが、欲しいと思えるギターには滅多にお目にかかれないのですよ」「見た瞬間に手にとって、触ってみたいと思えるギターに久々に出会いましたよ」とまで言って下さるではないか。

これですよ!

この心意気ですよ!

作り手の気持ちを良く理解していることが伝わって来たのでOKしました。正直なところ、金額云々ではなく“そこのところ”が大事なんです。手間暇かけた物がいざ完成すると、手放したくなくなるんです・・・ホント。

それで初めて依頼を受ける事にしたのです。材料費+α=材料費の数倍の額でね。

完成したらまた書きます。

ギター工房の立ち上げをマジに考えようかな~★


スポンサーサイト



<<花が咲いた~☆ | ホーム | 新★レコーディング機材>>

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/64-cbda6500


| ホーム |