FC2ブログ
PA0_0124.jpg

1年半ぶりに故郷の佐賀に帰った。

時期をずらした正月休みだ。

両親、兄弟、甥っ子、姪っ子共に元気でなにより~。

まずやる事と言えば、お墓参りだろう。

実家から歩いても10分程。親父と甥っ子が付き合ってくれてお墓参りを済ませ、その後3人で散歩をした。

東京に出てきて25年になるが、生まれてから高校までを過ごしたこのあたりを帰省した際にぶらぶらと歩く事はほとんど無かった。
同級生、また見知りや親戚と出くわすのが何故か煩わしかったからに他ならない。
久しぶりに会う方々にいちいち挨拶・近況を報告しなければならない事になる。「売れないバンドマンやってまして・・・」なんて、おじちゃんおばちゃんに説明をするのはすごく面倒な事で・・「いつテレビに出ると~?」とか言われてしまうし・・・それでなくても都会と違い“田舎”というのは色々と堅苦しく窮屈な部分があるしね。

しかし、この歳にもなると変な見栄とかが無くなったせいか、妙に清々しい気分で歩くことが出来る。

PA0_0100.jpg

PA0_0099.jpg


30年ぶり位かな、熊野神社に寄ってみた。
初詣とは言わないのだろうけど、僕にとってはそんな感じ。
子供の頃は、町内の餅つきやらの子供クラブの催し物がある時等に来たし、遊びにも来た。縁の下にあり地獄があったのも思い出した。
恥ずかしい話だが、子供の頃は“お宮”と呼んでいて、今回初めて熊野神社という神社だと知ったのだ・・新宿にもあるよな~。

「こんにちは~」「元気ね~?」と、何の違和感もなくたわいもないやりとりが心地よい。やはり30年ぶり位に見かけたおじさんだが僕も覚えているし、あちらも覚えていてくれて、歳月を感じさせない不思議な感覚を覚えた。

“柔らかいひととき”のキャラメル王子であった。
スポンサーサイト
<<佐賀 その2 ラーメン編 | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/55-6ab732ec


| ホーム |