“さびしい”
この言葉にハッとさせられる日々である。
転職のためお店を辞める事をお馴染みさんに伝えお別れの挨拶をしなければならないのだが、お馴染みさんと言っても人それぞれ頻度は様々で、たまにしか来られないのにプライベートな内容の会話まで交わす人もいれば、頻繁に来てくれる方でも「いい天気ですね~」くらいの挨拶程度の人もいる。
ほとんど会話もした事がない顔馴染みのお客さんが大半だが、その方たちの第一声が意外にも「えっ、、さびしくなります、、」である。
その“さびしい”にハッとさせられると同時に少しだけ目頭が熱くなるのだ。
自分を花に例えるならば陽の当たらない便所の裏に咲いている様な地味な花であろう。そんな俺が居なくなることで寂しいと感じてくれる方が居たことにハッとする。
冷静に考えてみると、俺自身は新しい職場や新しい場所、新しい出会いに夢を抱いてワクワク感しかない。一言で表すと今までいた場所から夢を抱いて去って行く立場である。寂しいと感じ口にされる方は去っていかれる立場。どんな地味な花でも無くなってしまうと寂しいということだろう。
恋愛に例えるなら、新しく好きな人が出来てドキドキワクワクで恋人の元を去っていく人、それに対して去られる側のぽっかりと空いた空虚感。それに近いのかも知れない。
今までの自分の人生を振り返ってみると、去って行く側が多かった気がする。根無し草の様に生きてきたからね。
あっ、恋愛に関してはそうではないですが(笑)
“さびしい”
その言葉に考えさせられる日々なのです。
さて、納豆家勤務もあと数日。
今回の転職は急だったので挨拶も出来ずじまいになってしまうお馴染みさんが沢山で少し残念でもある。
スポンサーサイト
<<グレッチランチャーのエレキ化計画① | ホーム | 築地市場とフェアレディZ>>

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/1945-fba96d24


| ホーム |