FC2ブログ


近頃じゃすっかり見なくなったフェアレディZ(S30)の画像を発見して思い出した。

30数年前のこと。面接の日に亀戸駅にバリバリと爆音を轟かせながら迎えに来てくれた車はオーバーフェンダーからはみ出さんばかりの太~いタイヤを履いた白いフェアレディZ(S30)!運転席から出て来たのはズーズー弁の気のいいパンチパーマのお兄さん。持ち物が何ひとつなかった俺は家出人と悟られないように新聞紙をクシャクシャにしてバックを膨らませて引っ越しをした。その後8ヶ月間その兄さんとお好み焼き屋をきりもりすることになるのであった。
(画像は拾い物)

あのZに乗ったパンチパーマの先輩は元気だろうか。

江東区南砂のお好み焼き屋さんに住み込みで勤めていた頃のこと。このパンチパーマの先輩の思い出と言えば、まずはあのバリバリと唸るZ、この車で築地へ買い出しにもよく行った。あの築地市場あたりをバリバリと唸られながら走るのだ。それから吃るズーズー弁、そしてもう一つ強烈な思い出が!
当時アパートに彼と2人で住んでいた。小さな台所の奥に2つの部屋があって俺の部屋は彼の部屋の更に奥にある。彼は毎晩のように飲みに出掛けていて完全に夜型の生活。俺も夜働いていたが午前中に起きて行動する派。
朝起きるとトイレに行くにも彼の部屋を通らなければならない。
何故か彼はいつもパンツを膝ぐらいまで下ろしていて下半身をモロ出しして大の字でぐうぐうとイビキをかいて寝ていた。ほとんど毎日!クセだろうか?
朝である。もちろん元気な状態だ。そんな状態で彼に起きられたらバツが悪いので障子をそっと開けてまるで泥棒のように気配を消さなければならなかった8ヶ月の日々。
スポンサーサイト
<<“さびしい” | ホーム | 感度上げて>>

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/1944-54eef474


| ホーム |