夜中に仕事から帰宅し部屋の電気をパチン。あの日、あの半信半疑でピンク色に染めてしまった日のこと。ピンクは失敗だったと思いながら仕事へ出掛けた3週間ほど前のあの日。蛍光灯に照らされたそのピンク色のボディーはとても上品に輝いていた。失敗ではなかった。そう思ったのです。実は色もそうだが今回は杢目の質感を大事にしたかった。バフ掛けしてピカピカなその美しい質感を写真で表現するのはなかなか難しい。
スポンサーサイト
<<オイルコンデンサなど | ホーム | ボディー磨き>>

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://caramelgoogie.blog73.fc2.com/tb.php/1720-a098f9e8


| ホーム |