FC2ブログ


今年も色々とお付き合いありがとうございました。
自身の2018年を感じ一文字で表すとしたら「振」
中国行きの話から二度の転職。足が地に付かない感じでまるで何か見えないものに振り回された様なそんな一年でした。

今日は地元の朝日山に登った。四月ぶり。
子供の頃から遠足とかで幾度となく登った山。近年はサガン鳥栖のトレーニング場所でもあって、知り合いの元サガン鳥栖の選手が言うには思い出したくないほど過酷な練習場所だったらしい(笑)
思えば四月にこの山に登った翌日に中国行きを辞退したのだ。

今は真っ直ぐな階段で頂上まで登れてまあまあ良い運動。ゆっくり散歩がてら登ったのに頂上に着いた頃は汗だくになったのでTシャツ一枚なったら冷たい風が心地良かった。展望台で会ったファミリーはTシャツ姿の俺を変質者のように見ていたに違いない(笑)

今後は好きな事をして、好きな事だけをして生きていきたいなと思います。

来年も何卒よろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

大掃除して我が家に床が戻ってまいりました(笑)
決して部屋を汚くしているわけではないけど、ギター製作としてるもんだからどうしても製作中のギターとかパーツとか機材とかで部屋が占拠されてしまうわけです。俺に必要なものはいつだって思いついた時にギターが弾ける環境😝🎸(笑)

仕舞い込んでいたギターアンプを見つけて大掃除捗らず(苦笑)


フェンダーのプリンストンアンプの回路図の回路図を元に作ってもらった真空管アンプ。

もちろんキャビネットは自作^ ^

12/23筑後アメグラOnedollarsライブ!
クリスマス近という事でサンタコスプレ(笑)






思い起こせば恥ずかしきことの数々。いつかこの事を誇らしく語れる日が来る事を夢見て生きているのです。
文字にしているけど、ミュージシャンなのでやっぱり歌にしないといけないと思って曲を仕上げているところなのです。


以下は以前書いたものから

【家出の理由】

「しばらく旅に出ます」と部屋の机の上に置き手紙をして家を出た。1981年12月23日のこと。高校3年の冬、17才だった。

※35年前のまさに今日家出を決行して単独上京し好き勝手に生きてきて今に至る。今でこそ親とも適度な距離感で仲良くしてはいるものの、当時は何ヶ月間もの間どこかで生きているのか死んでしまったのかさえ分からない行方不明の親不孝息子。親兄妹はもちろん周りの方々に沢山の心配や迷惑をかけたのでその事を忘れてはいけないし、自分自身を戒める意味でもここに書き記しておきたいと思うのだ。少なくともあの日を境に親の期待を大きく裏切ってしまったのだから。ここに書く事はもちろん親や兄妹にも話した事がないし今後も話す事はない事だと思う。そしてまた他の誰かに話す事も無いであろう。根掘り葉掘り俺の事を知りたいと思うモノ好きな人間が現れない限りはね。だから書き記しておく必要がある気がしている。

家出は決して突発的なものではなかった。
中学校に上がった位の頃だろうか、いやもっと前からだったかも知れない。自分自身の内側からメラメラと沸き上がってくる何かがあった。自分を取り巻く者の目が届かない場所、誰も知らない場所で一から自分自身を作り上げるとでも表現したら良いのだろうか。自分の事は自分で決めたい、そんな願望がどこかにあった。
『巨人の星』とか『タイガーマスク』とか『あしたのジョー』『どっこい大作』『傷だらけの天使』とか観て育った事も大きく関係しているかも知れない。地べたから這い上がる人生みたいなのがカッコいいと思っていた。百恵ちゃんの赤いシリーズドラマの赤い衝撃の中では中条静夫が扮する大山産業の創立者の大山豪介が「俺は裸一貫で大山産業を築いたんだ」と豪語するシーンが幾度もあった。ドラマの中の話ではあるがこの“裸一貫で”という言葉には特にグッと来たものだ。
リアルなところではやはり父親の存在だった。父親は極端に保守的な人間だ。そんな父親に対する反発は大きかった。子供ながらいつしか生まれ育った佐賀で一生暮らす事は人生において敗北であるかのように考えるようになっていた。これを父親が読む事はないとは思うが、ほんの少しでも父親の事を嫌いだとは思った事がない。とにかく厳しい父親でもちろん煙たいとかうるさいとか恐いとは常に思っていたが嫌いだと感じた事はない。尊敬している部分も沢山あるし、今でもこんな時は父親だったらどう考えるだろうかとか判断基準は常に父親な気もするくらいなのだから。

17才で家出を決行したのも理由がある。16才では子供過ぎて職につくにも難しいであろう。そして18才は既に大人の扱いだ。後に誰かが言っていたが18才を過ぎると家出とは言わないとね。俺もそう思っていたのだ。大人になったら独立した個の人間とみなされるわけだからね。

人の言葉を借りてしまうけどビッグになるまで家には帰らないつもりで紙袋一つ下げて家を出た。カッコよく書いてしまったが、決して家出を奨励とか正当化しようとかしているわけではない。ただあの日に家出を決行した事をほんの少しでも後悔はした事がないしきっとこれからも悔いる事はないだろう。またそういう人生を送らなけれならない。

明日は今年最後のOnedollarsライブだ~♬♬♬
この時期ならではのレアなナンバーが聴けるかも^ ^★


モンゴルの大平原~ではなくて昨日は朝倉に行ってきました!(笑)

後ろに微かに見えるのは3連水車。一年前に行った時は九州北部豪雨の爪痕がまだまだあったけどだいぶ綺麗になってて少しホッとしました。
そして帰りにはハコスカ🚙発見😙✨
調整バッチリ‼️13年前に作ったこのギターはライブでもかなり活躍した相棒。フレットも減りネックも反ったままずっと放置してあったが思い切ってリペア!ポットも交換して配線も弄って七色の音レインボートーンにした。フレットを擦り合わせてナットはお気に入りのTUSQに交換。金属パーツも丹念に磨きをかけて完成!音が格段に良くなった!バリッとして抜ける感じ♬

楽器というのはやっぱり調整が大事!どんなに高価なギターでも調整を怠れば良い音はしないし、安いギターでもしっかり調整してあげれば良い音で鳴ってくれるはず!だから面白い😎🎶


実はね、恥ずかしながら1日のTake3&Jellybeansのステージで華麗なるジャンプをキメたー、、、はずが着地したところが悪くて膝小僧を擦りむいた僕です😝(笑)

しかし、膝小僧を擦りむくなんて子供の頃以来だけど近頃は傷口は消毒しちゃいけないんですね。膿んで化膿したので検索してみたら、今は水で洗い流すだけで傷口を乾かないように保護して自然治癒力を促すのが主流だってね。初めて知った😆(笑)


1日はTake3&Jellybeansでライブやって、2日はOnedollarsでライブやって、それからまたまたイベント出演のお誘い!

急遽Take3&Jellybeansは日本のロカビリーレジェンド元ブラックキャッツリーダーのオットーさんのバックを務める事になり毎週末ライブ三昧~♬♬♬



その昔、殿様が居られたという柳川の文化財という場所でのライブはとても楽しいものだったし、オットーさんからは80年代当時のクリームソーダ、それから原宿の裏話など貴重な時間だった。

(12/7)

もちろん柳川といえば鰻のせいろ蒸し^ ^★



Take3&Jellybeans(12/1)
| ホーム |