昨日の西日本新聞に同窓生の事が取り上げられてた。甲子園でベスト4進出の秀岳館の天元君。その彼の父にあたるのが同窓生である。恥ずかしながら先月の同窓会の時に彼が故人となっていたことを知り、また昨日の新聞でその詳細を知る事になった。
7年前というと彼が45才、Jr.君が小4、若過ぎるな。息子の勇姿を見る事が出来なかったわけだ。しかし、「打席に立つと父が見ている気がする」と誌面でも語っているし、そんな父親の事が力になっているに違いないだろう。
今日の午後から準決勝。
きっと見ているよ。親父も。
スポンサーサイト

同窓生がやっているという久留米の焼き鳥に同窓生と行った。やきとり激選区の久留米で繁盛店。嬉しいね。

そして人生初のダルム(豚の大腸)!久留米の名物でもある!

やっぱり同窓生はいいもんだ!



 

カスタム完成!

ヘッドのデザインとオリジナルのピックガードはウッディーなイメージで。今回は地味なカスタムだけど、実はボディーのバインディングの角を丸めたりと合理的な細工を施した。長時間弾いてるとももの辺りとか脇に食い込んできて痛くなるからね。ベースはアリアの入門機的なギターだけど調整もバッチリ!音もGOOD!愛着もひとしお!






試奏~!


同窓生のグループLINEで同級生の息子が甲子園に出るとの情報が入った。中継がちょうど休み時間だったものだからスマホのテレビを見ながら応援した。その息子君はすぐに分かった。顔はもちろん体格まで中学の頃の親父にそっくりなのだ。彼は熊本の秀岳館で活躍し見事に勝利した。
実はその同級生は既に故人となっている。彼も野球をやっていた。親父の夢を息子が叶えたわけだ。おめでとう。

グラフテックのタスクのナットとサドルを購入して取り付けた。
質感とか形状が似ているなと交換する時に感じてはいたが、元々このアリアのアコギにはタスクのナットとサドルが装着されていたのだ(笑)
交換する必要がなかった事になる(笑)
しかし、このタスク(人口象牙)は評価が高いみたいだけど音質はシャリンとし過ぎかなとも感じる。

今までナットは牛骨が良いと思っていた。
 
あのズシッとした重みがいい音しそうでね。
安価なギターに最初から付いているプラスチックのナットはすぐに牛骨ナットに変えてしまう。
今回もアリアのアコギのナットとサドルも牛骨に変えようと楽器屋に買いに行ったら勧められたのがコレ!
タスク!
樹脂みたいな人口素材だが、近頃はギブソンのギターにも使われていとか。
2~300円ぐらい高いだけなので使ってみる事にした。


そんなわけで休日の贅沢!また島系ラーメン食べてしもた。
そして傷だらけの天使を見ながらのまったり作業は楽しい。

マーチンやギブソン、ギルド、テイラーやヤイリ、ヤマハだってピックガードに個性があって見ただけでそれだとすぐに分かる!
オリジナルのピックガードをデザインしてみようじゃありませんか。

あれこれやってみるが

ヘッドと同様にウッディーなイメージ


やっぱり赤がポイント!

ダイソーの水性ペンキでペタペタペタ~



マスクマンに変身したら
いつもの木部用プライマーをシュー
クリアラッカーをシュー
乞うご期待!!!

「片田さーん、惚れないでくださいねぇ~」
バイトちゃん(女子大生)がお店で大学生同士のプチ合コンみたいなのを企画したみたいで、自慢の美人の先輩を連れて来るという。
「でも、女の子同志のカワイイとか美人はほとんどあてにならんよね」とオーナー含む男性スタッフの意見。「いいえ、絶対自信があります!」とバイトちゃん。
当日の昨日、女の子達を前に「ほらカワイイでしょ~」みたいな自慢げな顔。
『ワーーー美人さんばかりだーー!』
きっと棒読みだったに違いない(オレ、顔に出ちゃうんだよな)(~_~;)
惚れる事はありませんでした。
あのズレは宇宙の謎だ(笑)
今日の賄いは釣りたての贅沢なヒラス納豆丼(o^^o)ぷりっぷり。


3月17日は俺の誕生日、その日もお店のバースデーサプライズの依頼が入っていて
ドサクサ紛れの
ハッピーバースデー~お~れ~♪
ハッピーバースデーお~れ~♪
は大ウケだった!



そう言えば、そのサプライズの主賓が“じゅんこちゃん”という方だったから「Oh~じゅんこ 君の名を呼べば僕は切ないよ~♪」と長渕剛のフレーズをアドリブで挟んだんだけど、ある層にはうけたけど平成生まれの人には分かるわけがなかった(笑)

オーナーや同僚からプレゼントも頂き夜はそのビールでパーチー。

この日だけはばち当たらん日だよね!


敬遠してきた真っ赤なスイングトップだが、今だからこそ着こなしてみせましょう。
親父が買ってくれたんだ!

昨日は休みで実家に来ていて、同窓会LINEで話題になった中学の卒業の時に担任の先生に頂いた苗木の成長ぶりを確認してみた。
こぶしの木。
両親が大事に育ててくれているのだ。

根元から大きく二つに分かれてい。
まるで俺のその後の人生を暗示していたかのように(笑)。
以前はもっと高かった印象があったと思ったらやっぱり大きくなりすぎて切ったらしい。
この苗木を選んだ時の事はよく覚えている。根元から大きく二つに幹が分かれてるのが一本で二本分みたいな妙な得した気分で持って帰ったら
「もうちょっと枝振りのよか木は無かったとね」
と両親に言われたもんだ(笑)

それからこんな昔の自分がのった団扇まで見つけた。しかし、この年デビューで売れたのはWinkだけ(笑)
こぶしの木といいこんな物まで親は大切に保管してくれているんだな。感謝!!

うっかり久々に丸星ラーメンに来てみたら、ちょっと前にテレビにでたとかでえらい混み具合。でも、うまかった!


看板製作に時間を割いていたもんだからね。
地味に再開しております(^ ^)

下書きはいらん!
筆に迷いはない!
アドリブこそがロックンロール!
完成!!!

ひんやりする福岡です。さて、今日もてれ~っと頑張ろ。

オールヒットソング!!!
お客さんに対するサプライズは勿論、俺の中ではスタッフに対するサプライズでもあるのだ!引き出しを増やそうと思い衝動買い!
他人の曲をカバーするとかほとんど興味のなかった俺が、コードは耳で拾うもんでしょと思っていた俺がまさかこういうモノを買ってしまう日が来るとは‼︎(笑)

中学生の頃を振り返った時、思い出というより強烈に覚えているというかどうしても思い出してしまうシーンがいくつかある。
3年生の頃、確か体育の授業は男女別々だっだと記憶しているが、授業が始まる時間なのにもかかわらず俺が何かのきっかけで出遅れて体操着に着替えるのが遅くなった。更衣室に行くまでもないだろうと誰もいない教室でさっと着替えを済ませようとしてズボンを下ろしたか下ろそうかというタイミングでドアがガラガラと空いた。
一人の女子生徒が入ってきたのだ。どうやら彼女も出遅れたらしく「あれ、みんなどこにいっちゃったのかな?」みたいな感じの表情である。そんなこと俺に聞かれても俺は俺で出遅れて焦っているし、それに着替えの途中、ヘタしたらズボンが下がっている状態だ。
それでも彼女はずかずかと側に寄ってきて俺にすがるようにまたその大きな目でこちらを見ている。沈黙が続く。心の中で早く出て行ってくれと願った。
ひとことふたことやり取りしたが内気で無口な俺だ。どう返答したかも覚えていない。可愛らしい女の子だがそもそも女子と話をするようなタイプではないし、教室でブルマ姿の女子と二人きりというシチュエーションはドキドキで思春期の俺にはとてもキツいものだった。
今でもその女子のその時の顔だけはいつだって思い出せる。
同窓会にはその彼女も出席していたが話す事もなかった。また何か機会があるとしたら話してみようとは思っている。きっと覚えていないに違いない。もしかしたらこの出来事を覚えているとかの以前に俺の事すら覚えていない可能性もあるのだからね(笑)
そんなこんなで30数年振りの中学の同窓会という大きなイベントから三週間ぐらいか過ぎてようやく心の整理みたいなものがついたと言うか落ち着いた感じ。
つくづく同級生って良いなとも思った。
社会に出るとどうしても肩書きから入って付き合いが始まったりするわけだが、同級生は違う。30数年間の間にそれぞれがそれぞれの道を歩いていろいろ経験もして、結婚しただの偉くなっただの社長になっただの子供が出来た孫が出来たなど、そしてそれぞれが想像もつかない困難を乗り越えたりして生きてきたに違いないのだろうが、その肩書きがどうであろうと同級生には違いないわけだ。
音楽の通信簿が1とか2だった俺が、引っ込み思案だった俺が後にメジャーアーチストとして音楽業界に一時的にでも身を置いて人前に出る仕事をしていたなんて誰一人知らないわけだ。
そしてそのバンドがアイドル売りで光GENJIと共演していたとか、後に大ブレイクするWinkとかと一緒に地方巡業に行っていたことなど知るわけがないのだ。売れなかったからね。
それと同じ位に俺自身も他の同級生の事はほとんど知らない。ただあるのは幼い頃の数年間に同じ教室で勉強したり遊んだり遠足に行ったり泣いたり笑ったりしたあの頃の記憶と少し大人になった現在の姿だけ。
そこが良い(笑)

ジャカジャン‼︎
看板完成ーーー!


お店ではサプライズ演出で歌を歌う事もあるし、色んなアイデアを出したり、時には看板をデザインしたり製作したりと業務とは違う部分でも自分に出来る事は惜しみなく貢献する。
職場への愛だ!
どこの職場でもそうしてきたつもり!
もちろん一番いい考えやアイデアは自分のお店を作った時のために暖めてあるが(笑)

夜なべならぬ夜ビールをしながら作った看板。ウッディなお店のイメージでデザインした。出来上がり~!手描きの手作り感で暖かさを出した。


ジーン・ビンセントが!!
Gジャンの季節だ!

昨夜は明け方4時頃まで看板作りをしてた。
手描き。
ビールを飲みながらね。
こういう作業は少々お酒が入ると筆に迷いが無くなるのだ。
同時に「男はつらいよ」を4本も観た。
芸術的になって来たかな(笑)
| ホーム |