【田舎者】
「遠~~くから乗ってきてそういう人がいるんだよねぇ」
「でも、君の事を信じよう~!」
佐賀から乗って来たのだが、渋谷から乗り切符を落としたと嘘の申し出をした俺。彼は見抜いていたはず。その優しくまた厳しい目をした国鉄の窓口の駅員さんから130円の切符を貰い晴れて新宿駅の改札を出られる事になったのだ。
ずらりと横に並んだ改札口にはカチカチとリズミカルに切符切りを鳴らす駅員さん。切符を切る時はもちろん、お客さんとお客さんの合間にもカチカチとリズミカルに鳴らし続ける。きっと一日に何万人、いや何10万人の切符を切るのだろう。素振りをしながら人の流れを妨げないように手際よく切符を切っているそのカチカチ音にはびっくりさせられた。東京ならではの光景だ。
(後に知った事だが地方の駅の切符切りの寿命は5年位らしいが新宿駅は一週間程度だったらしい~なっとく)
改札出口へ向かう人の流れに乗り切符を改札口の駅員さんに差し出し颯爽と歩き出した。目的があってその改札を出たわけではない。あてもなくただ吸い込まれるように改札を出たのだ。そしてすぐに目に飛び込んで来たものは「新宿の目」だった。そのガラスのモニュメントが妙に生々しく俺を見ているのだ。テレビドラマとかで見た事があるとそんな事を考えていると、突然後ろの方から唸りを上げてもの凄い波ののうなものが迫って来ているではないか!
紺やグレーのスーツを来た人の大群である。少し逆らってみたものの数百、いや数千人であろう人の波に太刀打ちできなかった。そのまま流れに乗る事にした。
薄暗いガード下を歩く。どう考えてもそのサラリーマンの大群の中で革ジャンにリーゼントの俺は場違いだったが流れに乗るしかなかったのだ。歩く事数百メートル。ガードの切れ間でパッと明るくそして広くなり人の流れが散ってゆく。ようやく流れに解放された。そして上を見上げてみた。
なんとそこには「Gメン75」とか「非情のライセンス」とか「大都会」「西部警察」「太陽にほえろ」「キーハンター」それに「特捜最前線」のオープニングとエンディングとかにも登場した刑事ドラマでよく見ていた高層ビル群があるではないか。高校の修学旅行ではバスの中から見た事があったがこうやって間近にみる事で興奮がさらに高まり自分が東京に居るという事を実感した。
高層ビル群に向う朝のラッシュの人の波に流されて来たのだ。
それに逆らって歩いていた自分がなんと愚かな田舎者だったかと思うと恥ずかしかった。
(1981年12月25日朝)
つづく
スポンサーサイト


佐賀の地元の駅で入場切符だけを買って東京を目指し上り電車に乗った。山口県の柳井駅というところが終点だった。誤算だった。いや、誤算というより上りの電車に乗れば東京へ連れて行ってくれる、ただそう思っていて他に何も考えていなかった。

12月である。電車を降りると寒い。その柳井駅はかなり田舎らしく辺りは真っ暗でホームにも人影はまばら。わずかなお客さんが次々と出て行くと駅員さんが改札口付近に立っていてこちらを見ている。間違いなく最後のお客である俺が改札を出るのを待っている様子だ。
まずい!ここで捕まったら全てが終わってしまう。とっさに目の前にあったトイレに入った。

大便の方に入り中から鍵を掛けた。どうやって駅の外へ出るかこれからが問題だ。思った通り駅員さんがドアをノックしてきた。
「お客さん~もう閉めますよ~」
返事をするべきかどうか迷ったが沈黙を守った。するとなお一層しつこくノックしてくる。
絶体絶命である!
暫くすると駅員さんが諦めて出ていった気配がした。ドアを開けそっとホームを見渡してみるとずっと遠いところに駅員さんの影が見える。

今だ!トイレの横の壁によじ登った。身軽さにはめっぽう自信があった。幸い壁の向こう側は路地だった。ひょいと駅の外へ出ることが出来た。脱出成功!追手が来る気配も感じなかったがそそくさと出来るだけ遠くまで逃げるように歩いた。

寒い!いや寒いはずだがそれ程苦にならない。寒さよりワクワクの方が勝っている。夢を実現する第一歩を踏み出したのだから。
少しの荷物を抱えて夜の町を彷徨う。紙袋に少しの着替えだけを詰めて家を出てきた。リーゼントにお気に入りのジーンズにお気に入りの革ジャン。お金は一万五千円程度、あとは何もない。

一晩過ごせる暖かい場所を探し町中を歩いてみたが小さな居酒屋みたいな灯りが2、3軒あっただけだ。コンビニなどもほとんど無かった時代である。もちろん居酒屋などには入れない。17才だ。家出がバレて捕まってしまうのではないかという思いから極力人と接する事を避けなければならなかった。オールナイトでやっている映画館は無いだろうかと駅の地図を頼りに映画館にたどり着いたが、田舎である。真っ暗だ。仕方なくその映画館の入口で丸くなり一晩を過ごす事になった。寒さで眠れるわけもなく、ある時は野良犬に吠えられたりしたが耐えた。身体が芯まで冷えだ頃うっすらと明るくなって来た。朝だ。

昨夜逃亡した柳井駅へ戻り切符を買って改札をくぐりそしてまた東京を目指して朝一の上り電車に飛び乗った。車内は暖かかった。
ふと気がつくと居眠りをしていた。昨夜は一睡もしていなかったので無理もない。ただ、乗った頃にはほとんどガラガラだった車両には人がいっぱいだ。しかも貴重なシートを独占するように横たわって寝ていたらしい。どこをどう走ったかどう電車を乗り継いだかほとんど分からない。とにかく上り電車に乗れば東京に辿り着く、それしか考えていなかった。

事前に時刻表とかチェックするようなタイプではない。いつも行き当たりばったりだ。途中すごく田舎の町を走ったりしてそこが終点だったりしてまた反対方向に戻ってみたり、どちらが上りか下りかさえ分からない場面が多々あった。中国地方を通過。その時に知ったがローカル線では上りとか下りとはの表示など無くまして東京方面など書いてある訳がないのだ。

それでもその日の夜には京都あたりまで来ていたのだと思う。大きな駅に着き「東京行き」の表示を見つけた。迷わず飛び乗った。
夜行列車である。そのまま東京へ連れて行ってくれる電車だし今夜は野宿をしないですむのだと思うとホッとした。夜行列車はローカル線と違い暖房がしっかり効いていてなお一層ホッとさせられた。
もちろん切符は柳井駅で買った一番安い切符だ(110円ぐらいだったと思う)。

ローカル線の時も勿論だが「切符拝見します」と時々車掌さんがやって来る。ドキドキしながらトイレに隠れたりそれを交す事を繰り返して電車を乗り継いで来た。
向かいには老紳士が座ってきて「ご旅行ですか」と話しかけて来た。勿論家出してきたなどとは言えないので旅行だと答えた。どこからどう見てもツッパリのクソガキの俺に対して終始敬語で接してくれた。話した内容はほとんど覚えていないが、その紳士的な彼のような大人になりたいと今でも思っている。
早朝に東京へ着くと「どうぞ良い旅を」と言ってくれ分かれた。
東京に着くと俺は新宿駅を目指した。新宿を選んだ理由は文通相手の女の子の住所が新宿区四谷だった事という安易なものだった。
切符を持っていない俺は虫の這い出る隙もない新宿駅のアルプス広場で数時間途方に暮れていた。
しかしこうしてもいられないと駅構内をうろうろしてみると精算窓口に人が並んでいるのを見つけた。そこへ思い切って並んでみた。
俺の番がやって来た時
「渋谷駅から乗ったんですけど、切符をおとしてしまったんです」
と言ってみた。
一か八かだ!
窓口の駅員さんは俺の目をじっと見つめて優しく
「遠~~くから乗ってきてそういう人がいるんだよねぇ」
「でも、君の事を信じよう~!」
彼は俺の事を見抜いていたはずだが130円程度で俺に東京上陸の免罪符をくれた。
(1981年12月25日朝)
つづく

【新宿の朝】

上り電車を乗り継ぎとにかく無事に新宿駅へ辿り着くことが出来た!朝だというのに人…人…人だらけ!憧れの東京だ!

しかし、切符を持っていなかった俺は駅構内をうろうろ!アルプス広場というベンチが沢山並んだところで一休みする事にした。

サラリーマン風の人、田舎じゃまず見かけない奇抜な服装の人、若い女の子男の子、カップル、幼い感じの女の子に声をかける気持ち悪いおじさん、汚い身なりの老人、生まれて初めて見た乞食(今で言うホームレス)!目に映る全てに興奮を覚えた!とにかくカルチャーショックだった!

アルプス広場で何時間も外へ出る術を考える事になった。考えが甘かったのだ!切符を持っていなくても線路へちょちょいと降りれば外へ出られる計算だった!
佐賀で入場券だけしか買わななった俺は途中の山口県の柳井駅いうところで終点になった時もホームの端の塀を乗り越えて難なく外へ出られた。柳井というところはすごい田舎町で真冬だというのに野宿する事にはなったが全然苦にはならなかった。アクションスターを夢見ていたし跳んだり跳ねたり登ったりする事、逃げる事にはめっぽう自信があった。

 

ここ新宿でもそのつもりだったが改札口は駅員が沢山いるし虫の這い出る隙間さえ無いほど厳重だ。そして電車は高架線の上を走っていて線路から飛び降りるのは自殺行為だ。
困った!田舎者の浅はかさだった!
(1981年12月25日朝)
つづく

女子2人がランチにやって来た!

 

泥んこツナギ姿に胸キュンキュン♡

クリスマスケーキならぬクリスマスラーメン!
 八ちゃんラーメン!いつも行列だがイブだけあって空いていてチャンス(笑) 
年内に一度は食べとこうと思っていたんだ!
ザ 博多ラーメン!そんな感じで間違いなくこってりナンバーワンだな!

キャロルに始まりクールス、ストレイキャッツ、横浜銀蝿、ザ・モッズ、ザ・ボッパーズ、Mバンド、シャネルズにブラックキャッツ、そしてザ・ルースターズ!いや、ルースターズならファーストだけだ!あのジャケットだけがかっこいい!(実は音楽的に花田さんが率いた頃までルースターズは大好きなんだけど…笑)

髪がバシッと上がってなきゃだめだった!

また映画「グリース」は良かった!親父のお古のスーツを借りてトラボルタを真似たりした。リーゼントじゃなきゃ、ツッパってなきゃ伝わって来なかったし信じなかった!

横浜銀蝿のギタリストJohnnyはもじゃもじゃヘアーのサイドだけを無理やりポマードで寝かし付けただけのものだったが、キャッツアイがやけに似合ってカッコ良かったし、ソロシングル曲「ジェームス・ディーンのように」がキュンとさせてくれたから許せた!この曲はテレビドラマ「茜さんのお弁当」の主題歌でもあった。

それから数年後に俺がザ・チャッピーズというバンドをやっていた頃にJohnnyさんがプロデュースをやらせてくれとライブを観に来てくれたことがある。そして業界の面白いウラ話や成功者としての助言をしてくれた。中でも印象に残っているのは「ファン♀に手を出すな!」だった!「マジメな杉本哲太はそれを守れたから俳優としても成功した」と!(最終的にプロデュースは大人の事情で実現はしなかったのだが)

鮎川誠なら「クールソロ」だ!黒いレスポール、それにオールバックスタイルがこんなに似合う日本人は他にいただろうか!

ザ・ヴィーナスの「キッスは目にして」は衝撃だった。テレビの音楽番組でバンドスタイルの演奏が聴ける事が革命的だったしロックンロールブームの到来を告げた。

軍服に垂れサン、チェックのジャケット、ロックンローラー御用達のボーダーTシャツ、それらからはペパーミントのポマードの甘い香りが画面からも伝わって来てグッときたものだ。そしてやはりカッコいいリーゼントのメンバーがいた!

中でもザ・モッズは格別だった。パンク的な要素だ。イギリスの匂いのするファッションが良かった。ブラックキャッツのような50s、クリームソーダ的なピンクとかペパーミントグリーンなイメージじゃなく、黒っぽいタイトなイメージの服装だ。ずっと大人っぽくでカッコ良いと感じさせてくれたのだ。

だから、上京して初めて原宿のガレッジパラダイスに行った時にブラックキャッツの面々を目の当たりにしても取り乱さずにすんだ。

いかにも素人がペンキで塗ったみたいな黄色やピンクやヒョウ柄の壁、歩くとバコバコとベニヤ板の床が撓む感じの手作り感溢れる所謂掘っ建て小屋のガレッジパラダイスには夢が溢れていた。

しかし、色日で長身でリーゼントにオープンシャツ、ロールアップされたジーンズを履いたブラックキャッツの誠一はカッコ良すぎた。
※1981年の今日12月23日に「しばらく旅に出ます 武司」とだけ書いた置き手紙で上京した。17才当時の想い!

年々薄れつつある記憶を少しだけ書き留めている文の一部。

画像は捜索願いの出ていた俺が都内某所で保護されて九州へ連れ戻される時に撮られた貴重な写真。

片田カルテットが歌う「トナカイ33号」

ひきこもりがちな休日だが今日は町の空気を感じたく博多へ!



今年夏頃オープンしてずっと気になっていたラーメン屋!気になっていたというのはどちらかと言うと怖いもの見たさ(・・)(笑) 

店構えはずっと前から出来上がっているのになかなかオープンしないし、「チャンポン」の看板がいつの間にか無くなってるし、オープン前日に「24時間営業」の看板が塗り潰されて無くなっている!ブレブレやん(笑)

そしてやっとオープンしたと思ったら数日営業してまた準備中になってたし。どう見てもワケありのお店(・_・;(笑)
そして最近やっとまたオープンしたので行ってきたってわけ。座敷も含めて4人掛けのテーブルが6つ、カウンターだけでも15席はある広いお店。昼12時過ぎだがお客は俺ひとり。ますます興味が湧くではありませんか!
カウンターの中にはひとりだけ気合の入った店長らしき若い男が一人、慣れない感じの女性スタッフが3人うろうろしている。
スープを一口飲んでみると魚介の効いたトンコツ、旨いじゃありませんか!
程よいタイミングで「替玉下さい」とスタッフの女性に言うと「食券をお願いします」と遠くの券売機を指さされた。
食券式のお店でも替玉は現金でも可能みたいなお店も多いのにね、テンション下がる(´・_・`)
それにお客は俺ひとりやん…。
替玉のタイミングは重要なんだよね、特に福岡では(笑)
食べ終わる頃には満足感と言うより、脂のコッテリ感がうんざりしてお腹いっぱいみたいな印象。
しかし、ラーメンって奥が深いな!(笑)

休日の贅沢!本日のラーメンはちょっと残念な感じで、リピートはしないかな。
屋号は伏せておこう(-_^)

往復17キロの自転車通勤。
雨の日のを少しだけ楽しくさせてくれるグッズがやって来た。
洒落た長靴。
セレブ御用達?!
レインブーツって言うんだな(笑)
早速今日から活躍しそうだ(´・_・`)

福岡地方今日は涼しい(´・_・`)
みぞれに打たれた!

こないだ親父から買ってもらった一目惚れのスカーフ!
やっぱりイイ!

俺は人間が地味だからせめて首元だけはパッと明るくと心掛けている!

昨日の休日は実家で過ごした。
いつものラーメン食べてうん年ぶりにぶらりプレミアムアウトレットへ!

シルクのスカーフを買った。


というか、2枚のデザインで迷っていたら親父が2枚買ってくれた。
もちろん婦人物!
メンズにはこんなに洒落た柄は無いからね。俺の首元コレクションが増えたってわけだ。冷え込んだ今朝から早速大活躍!

さて、そんなわけで今朝は鳥栖からの出勤だ!


宅配ボックスにちんまりと収まっておられました。
VOXのブルドッグディストーション!
格安の中古品だがほぼ新品でラッキー!
もちろんヤフオク(^-^)
ペダルエフェクターの歪みにはそれ程こだわりの無かった俺だが、昭和ファンキーズには必要なサウンドかなと思い始めてね!
どこのハコにも置いてあるローランドのJC120でイイ音を出すためだ!
ギターソロのオーバードライブじゃ足りないここぞという時に踏みたい!
それに時にはザクザクとしたリフも刻みたいしね!
こいつはチャンネルが2つ有ってソロとバッキングとかにも使い分けが出来ると来てる!
うーん楽しみ(*^_^*)
真空管の青い光がカッコ良いな!
早くスタジオで音出ししたいとこだ(^-^)

落ち葉の舞い散る停車場は

悲しい女の吹きだまり

だから今日ひとり明日もひとり

涙を捨てに来る~♪

そんな季節。
福岡空港付近もこんなにキレイな紅葉が見られるなんて!
毎日通っているのに今日気が付いた俺だ(笑)
ファンキーズのライブも終ってホッとしたせいもある。
なんたって同時にいくつもの事を考えられない不器用な俺なのだ(~_~;)

今回の昭和ファンキーズのライブで上京したついでに行っておきたい所があった。

 ハスキーレコード!
ここへ来たのは2回目。1回目は夢の中で。(笑)
店主のハスキーさんとはFacebookだけの繋がりだが音楽の世界では大先輩!その方が僕のギターいじりを凄く褒めて下さるのだ!もちろんその方自身もずっと昔からカスタムやらされている。きっとお互いに感銘し合うものがあるのだろう。

これは会っておかないとね!

夢にまで見たのだから(笑)!

ギター談義で話が尽きません!

飛行機の時間もあるのであまりゆっくりは出来なかったが、ギターの話の他にももっと面白いびっくりする交友関係などの聞かせて頂きました。

そしてお土産まで頂きましたm(_ _)m

しかし、ハスキーさんは俺の事を「タケダさん」と最後まで間違っておられましたが…(笑)

出会いに感謝!






無事に終了致しました!
応援して下さった方々、メンバーに感謝致します!


こうやって福岡に住んでいる今でも東京で歓迎してくれる仲間がいることに感謝します!

なかなかステージ映えするギターだ!
自画自賛(笑)

ゴールデン街でラーメン食べた!
「凪」の“すごい煮干しラーメン”という名のラーメン!
うまい!
並んだ甲斐があった(^-^)
明日は林檎ちゃんの歌舞伎町の女王歌おうかな(笑)


ただいま~!新宿の人混みを歩くとなぜか落ち着く(^。^)(笑)
新宿は変わったようで変わらない!

しかし、34年前に降り立った時には人の多さ、生まれて初めて見る今で言うホームレス、それにガード下で傷痍軍人がハーモニカ吹いてたのにはビックリしたもんだが!


早速、歌舞伎町のスタジオでサウンドチェック!
てなわけで昭和ファンキーズは明日!
◆12月6日(日)
【出演者】

TAKE♡CHAN

GOLDEN DOPPO

昭和ファンキーズ
ライブハウスGolden Egg  

東京都新宿区歌舞伎町1-16-10  

第27東京ビルB2  

(歌舞伎町ドン・キホーテのすぐ裏にあります)
会場14:00  

¥2000+ワンドリンク
※ライブ後に打ち上げ呑み会もあります!参加されたい方は是非~(^-^)

ポストにちんまりと収まっておられました。ジーン・ピットニー♪

「Town without pity」なんと素晴らしい曲でしょう!

引退宣言!
20年ぐらい前に友人から譲り受けたショットのスエードブルゾンは俺の冬の定番アイテムでまるで肌のように馴染んでいた。
色褪せもイイ感じになったがとうとうジッパーがダメになってしまった(左側)!
ジッパーを修理する事も考えたが値段とか考えたら古着で探した方が安かった。
引退していただこう。
ありがとうm(_ _)m
今度は茶色。やっぱりこのシンプルなデザインがたまらない!

念願の「天ぷらのひらお」!
福岡空港の側にあるそのお店。噂には聞いていたが50席以上あるカウンターに圧倒される(´・_・`)
そしてその後側に数十人の行列!20~30分ぐらい待ってありつけました!お好み定食¥830

先ずご飯とみそ汁が運ばれてくる。
天ぷらを待っている間にカウンターに並べてあるイカの塩辛をつまむのだがそれがたまらなくうまい!
下手したらこれで茶碗一杯食べてしまいそう(笑)
さてさて、揚げたての天ぷらが次々と運ばれて来てこりゃうまい!(知人から口の中のヤケドに注意と言われていた 笑)

確かに行列の出来る旨さだが、ちまちま揚がった順に出てくるシステムはガッツリ食べたい俺には間が持たなくて不向きかな?!
昨日の休日の贅沢でござんした(^◇^)
そして夜はスタジオで最終調整!
今度の日曜日は新宿ライブだからね(-_^)
| ホーム |