また職場であるイオンモールに来てくれた。


やはり愛情弁当を持ってね。


母のおこわは絶品である。


うちの社長やスタッフにも振舞ったことがあるが、生まれて食べたおこわの中で一番だと言ってくれた。


実際に僕もそう思う。


美味しい!


考えてみると、17才まで実家で暮らして母の作るものにそれほど執着したこと無かった。


子供だったし毎日ご飯作って出してくれるのが当たり前だと思っていたもんな。


仕事もしてたから、たまには手抜き料理もあったがちゃんと作ってくれた。


俺が家を出てからも腕を上げたんだと思うが料理うまいな!


感謝して頂きました(^。^)


そして明後日から広島出張じゃけ!!


スポンサーサイト


お店の前にある“うどん屋晶”!


お昼の楽しみだった『海軍チキンカツカレー』が今月いっぱいでメニューから消えるそうだ!


若干あげ過ぎのカツとこのボリュームのジャンク感が好きだった!


残念!(≧∇≦)




俺も遂にこういうものに手を出してしまった!


VOX社製のStompLabだ!


コンパクトマルチエフェクターってやつね!


今度の東京ライブのために極力荷物を最小限にとどめたいという想いから!


これ一個でいろんな種類のディストーションとかディレイ、リバーブやコーラス、それからチューナーまで備えてるわけ。


今までみたいにあれやこれやと沢山のエフェクターとかパッチケーブルを持ち運ぶ必要がないのだから有難い。


ちょっと前まではこのようなデジタル機材で音を作るなんぞロックンローラーとして…と思っていたけど、こういうので遊んでみるのもイイかな~なんてね(笑)


そういう心境の変化も有ったり無かったりで。


それに近頃のデジタル機材はひと昔前のと違いデジタル臭さも感じさせないとのもっぱらの噂。


まだ届いたばかりで音を出して無いけど、12/1のライブじゃ活躍するさ(⌒▽⌒)






「あ・な・た・ねぇーーー」


とにかくスゴい剣幕で怒鳴っている!


「大人として…」

「子供の気持ちを考えてみたことあるの…?」


恐る恐る覗くと、怒鳴っているのは30代の女性である!


最初は自分の子供でも叱っているものだと思ったが、尋常ではない!


鹿児島出張から帰ってきたらうちのお店の隣に新しいお店が出来ていて、そこの店員の女性にお客さんが怒鳴っているのだ!


お客さんに対して何か失礼で不適切な対応でもしたのだろうか…。


ハンパじゃないご立腹ぶり(・_・;


その女性店員は小柄で細身のちょっと可愛らしい感じだが、朝に会った時も挨拶や会釈もない無愛想な人だったのでちょっとだけいい気味だった。


「なに笑ってるのよー!」


「あたなみたいな…」


「ホント冗談じゃないわー…」


止まりそうにないし、誰も止めようがない…


いつまで続くのだろうか…


そこへご立腹の女性のお友達であろうか、彼女の肩を抱き宥めながらその場から連れ去ろうとしている!


彼女は泣き出した!


「だって悔しいじゃないーーー」


彼女はわんわん泣きながら抱きかかえられながら消えて行った。


これはお客様に対して相当な失礼な対応をしたとショッピングモールの大問題になるかと思われた。


しかし翌日、なんの問題にもなっていなかった。


それもその筈、どうやらそのご立腹の女性はその女性店員に個人的な文句があってやっきたのだという噂である!


旦那を寝取ったとか、不倫相手とかで職場まで押しかけたみたいな、まぁそんなところでしょ!


しかし、あの女性店員可愛らしい顔してなかなかやるなぁ(笑)








こつこつやるしかねぇ~!




昨日の夕方、鹿児島販売が終わり鹿児島中央駅に向かおうとすると運良く目の前に『中央駅経由~』というバス!


30年も東京に住み複雑な路線の電車やバスを乗りこなしてきた俺だ!


鹿児島なんぞ田舎のバスなんてちょろいもんだ!


さらりと乗り込んだ!


空いてるし楽チンである。


バスはどんどん進んで行く。


気がつくとやたらと山の中を走っている。


今時都内じゃ考えられないような乗り心地の悪いミッション式のギアのうるさいバスだ。


不安になり携帯のナビを見ると明らかに変な所を走っている。


隣の女子学生に聞いてみた。

「中央駅に行きますよね」

すると快く「ハイ」と応えてくれた。

ちょっとほっとしたがやはり遠すぎる。

なるほど、ちょっと遠回りするバスに乗ったに違いない。それじゃ仕方ない。開き直ったのも束の間、ある停留所で女子高生がどっと乗り込んできてあっという間に満員!


販売で疲れた身体にはちょっときつかったが仕方ない!


おっさんで満員になった東海道線よりマシだ。


30~40分、いや一時間ぐらいたったところで辿り着いた停留所は俺の乗った山形屋の前だった。


そこを通り過ぎるとわずか10分ほどで鹿児島中央駅に到着。


後で考えると歩いても行ける距離を、とんでもないバスに乗ってしまいえらく遠回りしたってわけだ!


こうなると運賃が気になる。

降りる時に運転手さんに整理券を見せると

「えっ、、いったいお客さんどこから乗られたんですか?」

逆方向に乗った僕に同情してくれる運転手さんとのやり取りを多くの乗客が注目している。


「じゃあ180円でいいですよ」


「あっ、すんません~」


バスを降りようとするとステップを踏み外しズッコケる俺、、


おニューの革靴は滑りやすいのだ(≧∇≦)

さらに乗客の注目を集める(;^_^A


足を捻挫したかのように痛いがポーカーフェイスで切り抜けた!


幸い足はなんともなかったが、間違いなくあの日の鹿児島ズッコケ大賞は俺だったろう。



そして、新幹線に乗り込んだアホズラの俺(笑)




『さつま黒豚とんかつ』

これはちょっとご褒美的に贅沢しまてみた。鹿児島ならこれでしょ的な(笑)しかしこれはうまかった!






『昔ながらの鹿児島ラーメン』

そんなキャッチフレーズのラーメン屋。うん、アクを丹念に取り除いたスープにまー油という如何にも的でおいしかったけどラーメンとしては頑張り過ぎな感じでまた食べたいかというと疑問。





『ラーメン鷹』

これは勤務地の側ということもあったが噂通り!

お店に入ると「普通ですか?」と割烹着を着たおばちゃんが聞いてくる。

なんとラーメンしかないお店だ!普通or大盛りという意味!

それに『めし』

それだけが壁に貼ってある。

見ての通りさっぱり味で食べて‘うまい’という印象は特にないが、また食べたくなるべくというまるで高円寺のタロー軒的な(笑)不思議なマジックにかかりなんと3回も通った!

間違いなく今回の鹿児島出張でナンバーワングルメだ!

しかし鹿児島は売れたな(^。^)ちかれたび~☆





やっと今夜福岡へ帰れる^o^


桜島を見ながら休憩^o^


鹿児島は10年ぶり。


鹿児島って九州で2番目の都市なんだな。


確かに賑やかな街だ。


ぶっちゃけ美人が多い気がしてる(*^_^*)


黒豚そばでごあす!


今度は出張で南へ来ました!


鹿児島でごあす!


町中が火山灰でざらざらです!


風が吹くと目がいたい(≧∇≦)


下の画像はイオンモール福岡からの出発の図。

お気に入りの靴とバッグで(-_^)



明日から出張なので冷蔵庫はからっぽ。


よって弁当なし!


お昼は500円ピザ!


このボリュームでワンコインは安い!


うちの店の前なんだけど、正直言って毎日でも良い(笑)


実際にピザ屋やってた頃は毎日食べてたし^o^


パンとか麺とかとにかく粉ものは好きなんだなぁ。





こないだ中州でラリー君に撮って貰った写真が届いた。




サンバーストカラーにしようかとも思ったけど、この色でいこうと思う。


木目を楽しむ!


的なっ(笑)


しかしレモンオイルって凄いね。錆というか青カビみたいなやつもさらっと落としてくれピカピカだ。






前のブログに書いた“ブツ”とはこの革ジャンの事だ。


実は母親がボロボロになった裏地を交換してくれたのだ。


考えてみれば子供の頃から洋服とか家の中のカーテンやソファーカバーとか色々と母親の手作りのものが沢山あった。


あんまり考えた事なかったがかなり器用な母親だと思ってこの革ジャンの裏地の事を話したらさらりとやってくれた。


感謝だ!


むしろ尊敬である!


全く意識した事なかったけど料理もうまいし出来る女なんだな。


子供を3人も育てて、そして仕事も持っていたのにこういう作業もしっかりやっていたわけだよ。


カスタムは母親ゆずりなんだと今更気づいた俺だ(笑)




一昨日が運動会だったもんだから昨日が振替休日ということで両親と甥っ子が職場であるイオンモールに来てくれた。


愛情弁当とブツを持ってね。


あっ、ブツとはまた別に書くね(笑)


こういう何気ないコミュニケーションこそ“幸せ”なのかとつくづく感じているよ。


なにせ30何年間も東京に住んでいたもんだから、両親とも年に一回会うか会わないかという関係だったからね。


しかし、考えてみたら俺も職を転々としているわけで、その都度というわけじゃないがその職場(お店)両親が来てくれているよ。


例えば19歳の頃の恵比寿のジローっていうすぐ辞めちゃった喫茶店、それから美空ひばりさんにお世話になった頃は久留米の公演に呼んで、方南町の喫茶店、中野のピザ屋、新宿住友ビルの焼肉屋、高円寺のラーメン屋タロー軒などなど…(ホントに転々としてるな~笑)

ラムホリックにも呼びたかったな。


僅かな接点だけど歴史を見てくれている事になる。


しかし、そういう意味でも福岡に越して来て良かったなと感じているよ。


今は絶妙な距離感だし、甥っ子くんも居てくれることが有難い。




昨夜は福岡に越して来て初の夜遊びをしたよ。


「The One Nights プロジェクト2013」が台風の影響で中止になったことで急遽、梶浦さんが企画した振替ライブに行ってきたわけ。


夜10からなら仕事が終わってからでも間に合うからね。


天神ブードゥーラウンジへ直行!




そのために朝からバッチリ決めてね(笑)


石橋凌さんの歌にはシビれたね!(上の画像)


声が武器というのがニクい!


ルート66を始め往年のロックナンバーをやってくれたのは新鮮だった。


梶浦さんに俺が福岡在住になったことを報告出来たことも良かった!






バッグに続き靴病発症(笑)


近頃仕事でスーツを着ることが多いが、20年以上前に買った革靴を履いていた。


“高円寺のイメルダ(自称~笑)”と言われていたほどの靴持ちだが、実はコンビ靴とかなら沢山持っているものの仕事で使えそうな靴はその一足だけだった。


その靴も年月経過で革がひびだらけ。


こないだの松山出張の時にひょいと入ったブティックで何気なく試着した靴がとっても履き心地が良くて忘れられなくて福岡に帰ってから郵送してもらったという逸品だ。


とにかく革靴なのに柔らかい履き心地で軽い。


なんとイタリア製の革底の本格的な靴である。


ポイントは甲の部分が山羊革で柔らかいところ!


そしてこのクオリティの割りに安い!


いい靴だ!


足元を見られてはならぬ!




越してきてから初めて家でゆっくり過ごしてる気がする。


うちの窓からの眺めはこうだったんだな


なんて。


ギターのサンディングを終えた。


さて、何色にしようか。


| ホーム |