20090430122306
ヤ ヤバい


運転席と助手席に人が乗り込む気配が…。


某ビルの地下駐車場に停めてあった電機屋の車らしきバンの荷台に作業服のまま忍び込み、仕事をさぼってたらうっかり寝てしまっていたらしい…。


荷台の俺に気付かず雑談しながらエンジンかけている。


いゃ~まいった…


すぐに謝って降ろしてもらう手もあるが、既に車は動き出している。


信号待ちで止まったところでドアを開け、サッと逃げ出そうかなどと頭の中でシュミレーションしてはみるものの、はたしてそう上手くいくものか!?


気付かれないように目が覚めた時の体勢のまま身動きもせず、薄目を開けて運転席と助手席の二人を見るが、やはり雑談していて気がつく気配は無い。


スイマセンと車を止めてもらおうか!?

しかし今更…。

ますますヤバい!

いっそのこと、早いとこ見つかってしまって謝ってしまいたいと思ったり…。



そうこうしているうちに車は田んぼの中を走っているらしく窓の外は田園風景だ。一層心細くなってきた。

いったい何処へ連れて行かれるんだろう…いや、そもそも自分が勝手に人様の車の乗り込んだのだ。

そんなドキドキな最中、突然足元から音楽が流れ出した。

ふと見ると、自宅にあるはずのデスクトップのパソコンが荷台にあり、インターネットに繋がっていて、それがまたYoutubeで音楽が流れ出していたのだ!


慌ててが、やはり気付かれないように体勢を変えず、足元にあるマウスを足で操作し、やっとこさポーズボタンを押し、音を止めた。


ふぅ~ ドキドキ…。


しばらくして目的地に着いたらしく、車が止まった。運転席と助手席の男たちがそれぞれドアを開け外へ出た。


ヤバっ…運命の瞬間である。


すると、助手席にいたらしき男が後の扉かを開く。


「す すみません!」

そう謝る俺をチラッと見たが、ほとんど無視し、ちょっとした荷物をつかんで出て行った。

「…」

すると今度は見知らぬ若い女性が荷台に乗り込んで来た。

サッとその場を逃げ出したいが、大事なパソコンを置いて逃げる訳にはいかない。

女性に事情を話そうとするが、しどろもどろで言葉にならない。

「あ あの…」

すると女性がキツい口調で

「だからあなたどうしたいわけ?」

「あ…」

「だからあなたどうしたいわけ?」






そこで目が覚めた。
久しぶりにドキドキの夢をみた。
スポンサーサイト
巾着


「へへへ オレはさぁ こうやって いたずらばっか やってんだぁ へへへ」

あくまでも謙虚に慎ましく言う

金ちゃん爺さんはいつもニコニコ

金ちゃん爺さんの手は魔法の手

なんだって作っちゃう

金ちゃん爺さんの家には子ども達が集う

「今日は何が出来るのぉ~?」

金ちゃん爺さんは手芸の達人

作ったものを欲しがる人が大勢いる

木工細工やら、いろんな素材で置物や飾り物、日本人形まで作っちゃうのだから

いつの間にか金ちゃん爺さんの作品と腕はひっぱりだこ

地方の刑務所に呼ばれては施す

受刑者達に手法、手腕を伝授をするのだ

金ちゃん爺さんはもうすぐ75歳

旧国鉄(現JR)の職員として五十年勤務し定年退職

その後もじっとしてい居られず掃除のバイト

その合間にボランティア活動

しかし金ちゃん爺さんのこの活動をあまり知る者はいない

金ちゃん爺さんの慎ましさがゆえだ



「奥さんに あげなよ へへ」

金ちゃん爺さんが巾着を差し出した(画像の巾着)

「・・僕 独身なので・・・アハ」

「なんでもいいけど 奥さんにあげなよ へへへ」

以前から知り合いだったが、それがきっかけで知ることになった

聞くところによると、小学生の頃から、呉服屋であったお婆ちゃんの手伝いをしてミシン掛けを覚えたという。
そして、端切れを使ってオモチャ等を作り遊んでいたらしい。

納得である。

数百又はそれ以上の数え切れない作品が人手に渡り、地方のどこかに展示してあったりもするらしい。

素晴らしいね!

そうやって金ちゃん爺さんの作品を喜んでくれる人がいるというのに

作品づくりを「いたずら」と呼ぶところがいい

ものづくりをする者としても、人としても尊敬すべき

金ちゃん爺さん

そんな金ちゃん爺さんは5月でバイトも定年退職らしい

今後はのんびりとボランティア活動をしていくそうだ。

「ありがとう 金ちゃん爺さん」

「あの巾着は まだ あげる人がいないけど 大事に使っているよ」


うれし はずかし


なんという急展開!

嬉しい!

びっくり!

ずっと気になっていた彼女、そう、今この僕の胸に顔をうずめて歩く彼女が僕のことを好き、つまり両思いだったなんて!

いや、実は心のどこかで気が付いていた様な気もする。

出逢ったのは何年も前だが、顔立ちもタイプだし、それに気だての良い女性だということがすぐに分かった。
彼女とはすぐにうち解けることが出来、良い友達になれそうな気がした。子どもの頃からずっとそう、女性と話すことがあまり得意ではない僕はきっと“話しかけないでおくれオーラ”を放っているらしく、気軽に話しかけてくれる女性は貴重な存在である。
その友達としての良い関係が壊れてしまうのが怖くて、知らず知らずのうちに“好きになってしまう事”にブレーキをかけていたようにも思える。やはりそうだ!今はっきりした!

ほんの数分前まで友達だった彼女と、この一風変わった分譲マンションの廊下で今激しく求め合おうとしているんだ。

あとわずか数十メートルで彼女の部屋だというのに、我慢できずに彼女のふくよかな胸をもみしだき、顔中のあちこちにキスをしまくっていた。

ところが、人間はずるいもので、彼女がこちらに気があるのだと分かると、冷静な自分がふいに目を覚ました。

彼女は母親と2人暮らし、いや厳密に言うと同じマンションの建物の隣同士の部屋に住んでいるらしく、このまま彼女の部屋に行きしっぽりとふたりの時間を満喫するか、それとも先にお母さんに挨拶をするべきかということが気にかかったのだ。

取りあえず、彼女だけを部屋に送り届け、しばし一人でこの建物内を散策することにした。

そのうちに答えを見つけようという魂胆だ。それにやはりこの奇妙なマンションの事が気になるのもある。

マンションと言うより、何かの研究所?・・・宇宙ステーション?・・・いや、まるでウルトラ警備隊の基地のような無機質でひんやりとした古ぼけた巨大な建物。

益々興味が湧いてくる。薄暗い廊下の突き当たりの怪しいエレベーターに恐る恐る乗ってみた。

すると・・・、

やはり予感は的中・・・!

ガタガタとエスカレーターが揺れだし、そのうちにどちらが天か地か判らなくなるほど箱の中を転げ回った。

ああ・・・、

このまま真っ暗な奈落の底へ墜ちて行くのだろうか・・・

そして、

いつの間にかエレベーターの箱が犬小屋位の透明の箱に変わっていてオモチャのように転がって行く。

「ヤッター 光が見える!」

まるでガチャガチャの受け皿へ着地したかのようにやっと止まった。

・・・

・・・なんと

何かの檻の中に着いたようだ。

沢山の猿が僕を見ている。

「良かった・・・」

「ここからなら何とか外へ逃げ出せそうだ・・・」






そこで目が覚めた(@_@)

ふうっ

※画像と内容は関係ありません
National Tap Day 2009

昨日、楽しみにしていた「ナショナルタップデイ2009」(メルパルク東京)に行ってきた。

恒例のタップダンスの祭典である。

こんなにちゃんとした音響設備と照明の施された大きな会場での、総勢二十数組、2時間半のショーは、タップの嗜みのある僕にとっても、またそうでない人にも、かなりお値打ち感のあるイベントだと思う!

それぞれのチームがそれぞれの曲で、スタイルで、衣装で、それぞれの切り口でのステップやダンスを披露してくれるんだ!

飽きることなく、あっという間の2時間半!

他に無いもんな、こんなイベント!

どのチームもそれぞれの良さがあって甲乙は点けがたいのだが、印象に残ったパフォーマンスは・・・

・・・実は今回、プログラムを買って無くて・・・(先入観無しで観たいので買わないところもある)←(^^;)実はケチ

でも前回同様“東京リズムボーイズ・デラックス”にはやられたって感じ!この3人組は楽器を演奏しながら歌を歌い、タップを踊るというスタイルで圧巻!前回はマリンバを演奏しながらタップを踏み、今回はピアノを弾きながら往年のミュージカル風にやってくれた。僕自身ミュージシャンであるからグッと来るね!

それからトリを飾ったHIDEBOHさんのソロタップとギターとのデュエット。あの一段上がったステージには特殊な音響設備が施されているのかな?あのステージでタップを踏んだら気持ち良さそう。しかし、パフォーマンスは流石!

National Tap Day 2009にて
画像の彼女は、僕とほぼ同時期にTap Dancin' に入門した方で、今回のステージで上達したダンスを披露してくれたんだ。羨ましい~・・やられた・・・、自分がレッスンをお休みしている間に大分差をつけられた感じ(-_-;) 「俺もそろそろ復活するよ!」



楽しいイベントだった!

刺激になった!

でも、

正直に一番感じたのは

「自分もあのステージに立ちかった」

という事!

niwa.jpg


17才まで育った場所。

久々の連休は佐賀の実家に帰っていた。

(なんとも色気の無いこと…いやいや、大事な事である!)

両親や姉妹の顔を見たりお墓参りをしたり友達と会ったり等々。

良かったね!

祐太郎と

今年、甥っ子が小学校に入学したのだが、そこは自分の母校であり、親父の母校でもあるんだ。当たり前のことかもしれないけどなんか不思議。

ちょうど授業参観の日だったので僕も参加させてもらった。自分の出た小学校に行く機会など殆どないからね。

懐かしかった。と言っても、自分の在校時に既に百年も経っていた古い校舎はもうとっくに鉄筋コンクリートに建てかえてある。でも中庭の百葉箱や体育館は当時のままだった。

懇談会まで参加して

「祐太郎の叔父でございます。なぜか付いてきてしまいました~」

って挨拶をしたら何故か教室中が大爆笑でした。

緊迫した教室に唯一笑いが起こった瞬間(笑)。




そんなこんなで今回の帰省はいつもより感慨深いものがあった。

歳のせいかな(笑)!?



2日目の深夜に布団の中で聞こえてきた雨音が妙に懐かしかった。

家の周りの畑や田んぼ、遠くの山の木々に降り注ぎサーとこだまする音は子どもの頃に聞いたそれだった。都会で聞く雨音とは明らかに違うんだ。


yamayama.jpg


“行ってみようと決めた”

“あの山の向こう側に”

“見たこともない景色が”

“僕を おいでよって誘うから”


オリジナル曲『ロマンチック』の一節より

※思えば、子どもの頃からあの山の向こう側が気になって仕方がなかった。
20090412111420
(^O^)/暖かく過ごしやすい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。


さてさて、当店ラムホリックは久々に連休を頂きます!



※4月12日(日)~15日(水)です。



遅い正月休み…!?…いやいや、思い起こせば、お盆も去年の正月も休んでいなくて、なんと18ヶ月ぶりの連休!



また、4月29日からメニュー内容、価格を一部変更し益々充実したお店づくりを心がけていくつもりです!


よろしく(^-^)ノ~~




地球での仮の姿、ラムホリックのマスター・タケ


※羽田空港より
kawashima.jpg




ロマン

決心

旅立ち

ロックンロール

出会い

仲間

無邪気

バンド

信念

若さ

バイト暮らし

苦悩

貧乏

四畳半

メジャーデビュー

悪ノリ

挫折

引越

同棲



別れ

・・・



近頃、冷たいものが奥歯にしみるので久々に歯医者へ。なんと3年半振りらしい。

なるべくならこまめに通いたいところだが、引っ越しによりかかりつけの歯医者が遠くなったせいもある。

遠いと言っても、高円寺からなら自転車で20分で行ける距離。しかし、とくに痛みがあるわけでもなければ億劫なのが病院である。

中野区にある某歯医者だが、その土地は僕にとって“第二のふるさと”と言っても過言ではない。十代の後半から三十代の後半まで住んでいたのだからね。

生まれた佐賀には18年しか住んでいなかったわけだから、こっちのほうが長く住んでいたことになるわけだ。

上京して、バンドを始めるために移り住んだ中野区には沢山の思い出がある。19才の頃に越してきて、川島商店街の某惣菜屋でバイトをしながらバンド活動をやった。

jerrybeans.jpg


当時この商店街はかなり賑やかだった。この惣菜屋も繁盛店で、夕方になるとまるで戦争のようだった。数十種類の惣菜がある中でも特に特製のコロッケだけでも全盛期には一日に500個も売れてしまうほど込み合ったお店。

kawakami.jpg


バンドが調子よくなって結局バイトを辞めてしまうのだが、その後もその商店街を利用したし、それから10年後位に再びそのお世話になった惣菜屋の系列のピザ屋を任される事になったりと、その商店街に密着して生きていたわけだ。

だからこの商店街には知り合いの商店主や、見知りのお客さんなどが沢山いて、歩けば何人もの人に声を掛けられてしまい通過するのも一苦労だったほど。

先日もそんな気分で歩いてみて唖然・・・!

あったはずのお店がことごとく無くなっている・・・かと言って新しいお店が出来たわけでもなく、シャッターが閉まっていたり平地になっていたり・・・。

年々寂しくなっているとは聞いていたが、すっかり様変わり。

とりあえず、惣菜屋には挨拶をして行かなければ・・・

あれ・・・

お世話になった惣菜屋さんがあったらしき場所は駐車場になっていたのだ。

結局、見知りの商店主さんにあったのはわずか3人。

“いつまでも ふるさとがそこにある”

そう思っていてはいけないんだな。




※明日からラムホリックは連休を頂きます。
12日(日)~15(日)  <(_ _)>



20090405004420.jpg




お店にDVDデッキを導入した。




主に、古き良き時代30's、40's、50's、60'sの映画、モノクロ映画、ロックン・ロールの先駆者達の映像、またそれらに対するオマージュを感じさせる映画や映像を流したい。



突然の思いつきで、とりあえず家から持ってきたDVDは

『ELVIS 56'』
『R&Rグレイテスト・イヤーズ』

ヒッチコックの
『逃走迷路』
『見知らぬ乗客』

ビング・クロスビーと僕のタップダンスのヒーロー、フレッド・アステアの
『スイングホテル』
あと『俺たちに明日はない』『汚れた顔の天使』『バックビート』『グレースランド』など!

20090405004411.jpg


(注)音声は出しません。基本的にリクエストは受け付けません。


あしからず。

ラムホリックHP

20090403091838.jpg


降れ 降れ


母さんが


蛇の目でお使い


うれしいな


ピチピチ


チャプチャプ


ランランラン


~♪♪♪




学校の帰り道や、遊んでいる時にふいに降りだしたどしゃ降りの雨に濡れるのが好きだった。

子どもの頃、

雨は友達だったんだ。




※四月一日の夜はどしゃ降り

| ホーム |