木曜日は僕の休日である。

たまの休日には、何かと用事が重なるもので、知り合いのバンドのライブが3つも重なってしまった。木曜日の夜はタップダンスのレッスンもあり、行けるはずもないのだが、一つだけレッスンの後にでもなんとか間に合いそうなライブがあった。

代々木のZher the ZOO YOYOGIというライブハウスでの「バンドオブグリマーズ」のライブだ。レッスンの汗も乾かないうちに、荻窪から電車に飛び乗り代々木へ。わずか十数分。

間に合った~!

バンドオブグリマーズはちょうどセッティング中。まもなく演奏が始まった。何だか懐かしい感じのサウンド。


20060826171442.jpg

泥臭い!?というのか、カントリーっぽく、きっとニールヤングあたりの影響もあるだろう。

このバンドのボーカルさとう君とは知り合って間もない。先日、友人のライブを観に行った時、ちょいと気になるTシャツを着た奴がいた。バディ・ホリーがプリントされた物だ。
バディ・ホリー(1959年にわずか22歳で他界)とは50年程前のロックスターであり、ビートルズ等にも多大な影響を与えた人物である。ビートルズは公式にワーズ・オブ・ラブをカバーしているし、後にバディ・ホリーの曲の著作権はポール・マッカートニーが買い取った程である。
ID93092.jpg

バディー・ホリーは、僕が一番尊敬しているアーティストであり、我がキャラメルのライブでも必ず彼の曲をカバーしている。

おっ、これは放っておけない!いっちょ挨拶でも交わしておこうって事になったわけだ。
20060829011900.jpg

20060829012148.jpg

このTシャツは、ミュージカル「バディー・ホリー・ストーリー」のもので、お兄さんからのアメリカ土産だそうだ。このミュージカルは日本でも公演され、バディー役は陣内孝則さんだった。もちろん観に行ったが最高であった。

また、ジョニー・キャッシュの話にもなり盛り上がった。今年公開の映画「ウォーク・ザ・ライン」を、僕は劇場で観たが、これも良かったな!さとう君は見逃したらしい。「残念だがDVDで観てくれ!」と言ってやった・・・へへへ。

そんなこんな縁でバンドオブグリマーズを観に来たわけだ。ちなみにこのバンドは今年のフジロックに出演したという経歴あり。うん、なかなか良いバンドだ。

曲調は良い感じなのだが、残念ながら音響のバランスがあまり良くなく、歌が聞き取りづらかった。せっかくのオリジナル曲なので、今度は歌詞をしっかり聴きたいな~。

スポンサーサイト
20060826155645.jpg="0">

腕時計である。

最近は携帯電話の普及で、若干必要性が薄くなった感じがある。

正直なところ僕自身もそう。
思えば20年位前だったら、腕時計を着けずに外出するなんて考えづらかった。これはスイス製の機械式腕時計。腕に着けているだけで中の振り子みたいな物が回転して勝手にネジが巻かれる自動巻きというやつ。もう15年程使っている。かなり気に入っている。そこそこ高価だというのもあり、買うときは一生モノという思いだった。

20060826162401.jpg

15年経った今でも飽きないし、愛着はますばかりである。と言っても革のベルトは消耗品であり、幾度も交換してきた。ご覧の通り少々へたってきたことだし、交換する事にした。

20060826162936.jpg

候補は2種類。白い革ベルトと金属製のもの。どちらもネットオークションで数百円で購入。

決めた!
20060826163333.jpg

初の金属製ベルトで、メタルチックに変身。

休日の午後。またこれで、ちょっぴり人生が楽しく思える僕であった。
夏の甲子園。

早稲田実業初優勝おめでとう。

正直なところ、子供の頃から野球にはあまり興味がない。
僕は小学生の頃、柔道をやっていて(遊びたい時期であるため、親にやらされていたというのが正しい。しかし、基礎体力はこの頃培ったもので、今では親に感謝しているが!)月曜~土曜の夕方は道場に通っていたため、草野球等をして遊んだ記憶がほとんどく、ルールさえあまり知らなかったくらいだ。

 近頃、原油の高騰などであまり景気良い話が無いが、今年の高校野球はいつになく熱かった気がする。

早稲田実業と駒大苫小牧の決勝が、数十年ぶりの再試合にもつれ込んだというのもあるが、僕が感じたのはそこではない。

 鹿児島工業。
自分が九州出身だというのも手伝ってか、また初出場というのもあり、気になるチームだあった。心の片隅で応援していたが、期待にこたえてくれ、ベスト4入りだ。大健闘。

僕が注目したのは、代打専門の今吉晃一。

060819_1542~0002.jpg


その今吉君、ベンチからの声援と気迫がブラウン管から飛び出して来るほどジンジンと伝わってくる。ムードメーカーというやつだ!
準決勝の早稲田実業戦で、代打での豪快な空振りと笑顔は、勝ち負けの次元を遙かに越えて僕の胸に焼き付いた。

早稲田実業の斎藤投手はもちろん素晴らしい選手だが、僕は今吉君に、この夏の最高殊勲選手賞をあげたいのである。

今吉君、感動をありがとう~!
060819_1535~0001.jpg

せ、せ・・・せ 狭っ。

何じゃ・・ここは。

阿佐ヶ谷の駅から、怪しげな路地をしばらく行くとやっと見つかった。
ブルース飲み屋のチェッカー・ボードだ。

一月ほど前に知人のライブを観に行った時に知り合ったドクター・ノブ氏が、ライブをやるというので初めて来たのだが、なかなか良い感じのお店。
20060821123505.jpg


両手を広げると、右側の壁と左側の壁に届くほどの狭さ、まさにウナギの寝床である。その狭い店内の壁と天井には、ポスターやらチラシやらがぎっちりと貼ってある。ジミー・リードとか色々な黒人のブルースマンのポスターで、きっと凄く貴重なポスターらしきもの(普通なら額縁に入れて大切に保存しておきたい)が無造作にベタベタと画鋲で貼ってり、突き当たりのステージの後には綺麗な色のネオン管とお店のロゴらしきものが光っていて実に雰囲気が良い。

 今日は8月19日。全日本女子バレーボールの韓国戦。2セット目の途中だが、ドクターノブ氏のライブも観てみたいと思い、後ろ髪を引かれる思いで出かけて来たのだ。

 数少ないカウンター席はすでに一杯。カウンターで注文したラムコークを受け取ると、補助席!?のような小さな丸椅子が配られ、なんとか空いていたステージの真ん前を陣取った。「やあ~ノブさん」「あ、ど~も」そんな挨拶と同時ぐらいに「ドクター・ノブ&ブギ・アンリミテッド」の演奏が始まった。白衣を着たノブ氏がダンエレクトロ製のロングホーンというマニアックなギターでガガガッとリフを刻み、小さな小さなドラムセットでシャカシャカとブラシさばいているのは女性ドラマーである。二人組なのだ。なかなか良い声とハープで、往年のブルースナンバーとオリジナル曲を聴かせてくれた。
060819_2118~0001.jpg

20060821133100.jpg

ドクター・ノブ&ブギ・アンリミテッドだ。(注意:モト冬木ではありません)

 ノブ氏の演奏が終了し、バレーボールの結果も気になるところだが、どうやらもう一つバンドが出演するらしい。観て行くとするか。

 目の前でセッティングが始まった。3ペースのバンドらしい。チューニングを兼ねた音合わせ的な曲を、ギターの人が弾き出すと、ベースが途中から絡み、流れ込むように本番だ。ブギだ、しかもゴキゲンな!この狭さなので、ドラム、ギター、ベースが折り重なるような絵図らがまたいい感じで、3人の息はピッタリ。「アフタースクールセッション」というバンドらしい。そこそこの年齢だけあって、年期の入ったスライドギターと演奏を聴かせてくれた。特にボーカルギターの演奏中の顔、表情がいい味を出している。
20060821140549.jpg

060819_2216~0002.jpg


 う~ん、なかなか充実した夜であった。

決めた!

今度はここチェッカーボードでキャラメルのライブだ!

20060818231819.jpg


ヤッタ~勝った~!

あのキューバにストレート勝ち~。

ワールドグランプリ2006、女子バレー柳本ジャパンが初戦を制した。低迷していた日本バレーに「ニッポンバレー復活請負人」として起用された柳本監督だが・・・いいところまで行くが、勝てなくてオリンピックも5位・・・。

しかし、「今回はいきそう」そんな手応え。
大山は確実に進化しているし、荒木のスパイク決定率は素晴らしいし、リベロの菅山はしっかり守ってくれそう。また何より今日の試合はミスが無かったのだ。

20060818235238.jpg


やはりキャプテン竹下は要!
僕は「柳本ジャパンのお母さん」と勝手に呼んでいるのだが。この人はシドニーオリンピックの最終予選の敗因といわれ、一度はバレーボールを辞めてしまったという経歴の持ち主。だが奇跡の復活をして現在は全日本のキャプテン。
正直なところ、女性としてもひかれているんですがね、へへへ。
20060818235801.jpg


話はそれるが、全日本女子は美人揃いだね。
先日、テレビで全日本女子選手をセレブに変身させるという企画をやっていた。スタイリストが選手をドレスアップするっていうやつ。綺麗だな~とは思ったのだが・・・コートで見る方がもっと美しく思えたのは僕だけだろうか!?

20060819000922.jpg

しかし、初戦でキューバに勝ったのは大きいと思うね!

がんばれ~!

後の方の席でラムコークを飲んでいる・・・思えば昨日の今頃も・・・。

今日は8月6日。

昨日はそう、三軒茶屋あたりで散々朝まで盛り上がったというのに、また今夜ライブハウスにいるのだ。

西荻窪のBINSPARK。先日Moon Stompのライブ企画に出演して頂いた、上村隆ジャグバンドのメンバーが、また別にやっているバンドJelly Roll Timeを観に来た。

このバンドでは、上村氏がベース、コバ氏がドラムを担当している。ブルースを基本にしたアダルトなムードである。昨日のような危険さがなく正直なとこ、ちょっとホッとしている。

上村氏とコバ氏は裏方に徹している。ボーカル&ギターのずっちゃんとは、以前Moon Stompでセッションをしたことがあるのを思い出した。その時ずっちゃんは地味にバンジョーを弾いていた記憶があるが、Jelly Roll Time観て驚いた。ソウルフルな歌と、実に味のあるギターを聴かせてくれる。正に本領発揮といったところだ。

心地よくラムコークがのどにしみた夜であった。

20060813143035.jpg

8月5日、土曜日 熱帯夜。

三軒茶屋のヘブンズドア。

このライブハウスは大変な事になっていた。

友人の村田が率いるバンド「フリークストーム」を観に来たのだが・・・ちょっと出遅れた僕は、この危険な空気が漂う入口をなんとか通過し中に入る事が出来た・・・思った通り超満員と凄い熱気。

人混みをかき分け、なんとかドリンクカウンターへたどり着きたい。
そして、ビールをゲットするのだ!

いるわいるわ、知ってる顔が!
永くバンド等をやってると、当然見知りが増えていくし、古い友人と遭遇するもんである。
またこういう場所で何年かぶりに会うとなぜか?握手を交わす。

少しホッ。。。

爆音の渦の中でビールを傾けながら、久しぶりに会った知人と近況報告しあったり、連絡先を交換しあったりしてると、次のバンドの登場だ。

またまた知人のバンドである。

「リトル・エルヴィス」だ。
20060808152246.jpg

20060808152334.jpg


彼、リトル・エルヴィスのRYUTAとも15年来の知り合い。
饒舌なトークとパフォーマンスは相変わらずだ。
ここで観れるなんて、得した!
「そのネタ、いただき~!」


そして主催である「フリークストーム」の登場だ。
パンキィッシュなロックンロールだ!
メンバー4人共全員が客席を睨んでるし、また全員革ジャンときたもんだ。

ブログを始めてというもの、デジカメを持ち歩くことが多くなり、今日もバッチリとシャッターチャンスを逃さないぞ~と意気込んではいたものの・・・ライブハウスの後方からではとても無理、全然見えない。
前に行くしかない・・・前方はすでに危険な状態。
かすり傷や、青あざに一つは覚悟せねばなるまい~!

GO~~~!

fs.jpg


撮れた~右下のドラマーが友人の村田だ。

全員が、前に前にという意気込みとオーラはすばらしい。村田の統率力のたまものだろう。
なかなかカッコイイバンドだ。

20060808160242.jpg


村田とは、1987年~数年間、ザ・チャッピーズと言うバンドをやっていたが、相変わらずハダカである。

20060808161436.jpg


ドラマーなのに、気がつくとこのようにステージの前に出たがるのも昔のままだ・・いやはや~彼のロックン・ロール魂は今なお健在であった!

20060805011854.jpg

先日、ハラペーニョを頂いた。
僕のタップダンスの本間先生からで、もちろん本間農園でとれたものである。

早速、料理してみたいと思い、閉店間際の近所のスーパーへ行き、ひらめきだけで野菜を購入。
DSCN2457.jpg


◇ハラペーニョ2個 タマネギ1個 ニンニク2片 トマト1個 大葉3枚をみじん切りにして、オリーブオイルとレモン汁、塩こしょう少々。混ぜるだけでサルサ風のソースの出来上がり~。
DSCN2495.jpg


後は僕の好きな物、アボガド 鶏の胸肉(レンジで加熱) 大豆の水煮(ふじっ子) ジャガイモ(レンジで加熱)にかけるだけ。
火を使わずに出来ちゃった。

これが今日の晩ご飯。
えっ、なぜ「ぐびなま」か?って・・・だって、小西真奈美ちゃんがやってるでしょ!

20060805021603.jpg


うん、思ったよりハラペーニョは辛かったが、なかなか美味しく出来た!しかもヘルシー。今度はトルティーヤに付けて食べたいな~なんて思ってたら思い出した!
先日、友人のバンドのライブを観に行った時、ライブハウスの後方のドリンクカウンター付近で、ビールを飲みながらドンタコスを袋ごと持って食べていたら、知らない女性が笑顔で「ドンタコスがよく似合いますね~」と言いながら通り過ぎていった。場所が場所なんで気にもしていなかったが、しばらくするとまた別の知らない女性が、「ドンタコスが凄~く似合ってますね~」だって。

えっ・・・俺ってメキシカン!?

その時は気がつかなかったが、ちなみにその時着ていた服は↓↓↓
DSCN2492.jpg


なんだか納得。。。

20060804012544.jpg



そう、扇子です。

憧れだったのです。

扇子というと、大人が使う物・・いや、大人しか持ってはいけない物だと子供の頃から思っていたのです。もちろん今でもそう信じていますがね。

今までも何度か買おうと思ったことがあるが、その度に、イヤイヤ~まだだ!・・・まだ早いだろ!ってね。

しかしもう俺も42歳、そろそろ良いかな~ってね。
新宿の東急ハンズで、百種類以上はあろうかという中からこれ!

愛嬌のあるカエルの「のん気に昼寝」の図が愛らしく気に入った。

また少し大人になった!?
060721_2011~0001.jpg

先日、知り合いであるナオヤ君のバンド「Bobby's Bar」のライブを観に行った。ホラー系インストバンドである。ギター、ウッドベース、ドラムという3ピースのバンド。武蔵境のスタットというライブハウスで、当日は5つのバンドの対バンで、全バンドがウッドベースという企画。
良かったな~Bobby's Bar!
他にも良いバンドはあったが、一番若手のBobby's Barがダントツ!
初めて観たのだが、一見ホラー系というとイロモノっぽいが、しっかりとしたサウンドを聴かせてくれた。
060721_2029~0001.jpg

ナオヤ君。
昨年の暮れに、高円寺の行きつけのバーMOON STOMPの3周年イベントで、「ナミダバシミュージックホール」というバンドでギターを弾いていたのが彼で、ちょっと気になっていた。彼のバンドBobby's Barを是非観たいと思っていたのだ。このキャラだが、指先だけは職人的な仕事をするのだ。自分より一回り以上年下だが、彼のギターにはやられた!

060721_2019~0002.jpg

またドラマーが女性なのもポイント高いね・・ミラクルちゃん(真ん中)カワイイな~エヘヘ・・・。
20060803034747.jpg

いつもお世話になっている高円寺のバー「MOON STOMP」でのライブ!
企画は僕、キャラメル(写真中央)。

出演はキャラメルを含め3組。

友人でもある、通称デカヤス君のソロユニット「TUBAME」(左から二番目)と、乾いた音でどっぷりとしたブルースを聴かせる上村隆ジャグバンド(右端が上村君、左端はバケツベースのコバ)。お客が退いたあとのセッションはホントに楽しかった~!

やはり飲み屋のライブは好きだな~、セットリストとか関係なく、その場の空気で選曲出来たり、お客さんも変に「聴くぞー!」という感じではなく気ままに、また素直にノッてくれたり。

みんなありがと~★★★



20060803043028.jpg

本ライブの使用機材。
右から、豹柄が気に入ってるダンエレクトロのワウ、デンマーク製のトレモロ、ダンエレクロトのエコーマシン。
デカヤス君から「最近、エフェクターにハマッてますね~!」と言われた。

はい!その通り~(笑)!
続きを読む
| ホーム |